年賀状の印刷前に理解しておきたいポイント

年賀状の印刷前に注意しておきたいポイントは、適した年賀はがきを選択するということで、一見同じに見える年賀はがきでも紙質とプリンターのインクが合っていないと滲んでしまう可能性があるため、事前にしっかりとチェックしてから選ぶ必要があります。年賀はがきは郵便局以外にも文具店や家電量販店、コンビニなどで取り扱っていますが、出し忘れた人がいるから追加で枚数だけ欲しかったり、印刷ミスで年賀はがきが足りなくなってしまった場合にはコンビニが便利といえます。普通紙の年賀はがきは万年筆やシャープペンなどで文字が記入できる他、消しゴムで文字を綺麗に消すこともできるので、手書きの年賀状を作る際に最適です。レーザープリンターで印刷をする場合は普通紙の年賀はがきを選ぶことがポイントで、インクジェットプリンターで印刷する場合は普通紙だと滲んでしまう可能性があるため、インクジェット紙の年賀はがきを使用するのが最適といえます。

インクジェット紙は、特殊なコーティング加工が施されていることからインクの吸収率が高く、インクが滲みにくいのでインクジェットプリンターでの印刷はもちろん、スタンプや版画の使用にも適しています。年賀状に手書きでメッセージを加えたい場合は、芯がBより軟質の鉛筆やボールペン、サインペンや筆ペンなどといった柔らかいペン先の文具で試し書きをするとより安心感を得ることができます。また、写真を使用した年賀状を作りたい場合は、インクジェット写真用年賀はがきを選ぶのがおすすめです。年賀状の印刷のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*